So-net無料ブログ作成

琴別府の現在はラーメン店いっちゃん経営で急性腎炎や尿毒症とは? [テレビ]

chinese-1844849_640ラーメン.jpg

爆報!THEフライデーで元関取の琴別府要平が現在ラーメン店を経営しているのを知り琴別府要平について詳しく調べてみました。

すると現役時代に急性腎炎や尿毒症になり一時は生命の危機におちいっていたことも分かりました。

今回は琴別府が現在経営している「ラーメン店いっちゃん」の評判や琴別府が復帰するのに1年以上かかってしまった急性腎炎と尿毒症はどんなものなのかについてお伝えします。




元関取・琴別府要平(ことべっぷようへい)のプロフィール



本名 三浦要平(みうら ようへい)

出身 大分県別府市

身長 178㎝

所属していた部屋 佐渡ケ獄


1981年3月場所が初土俵。

その後、順調に番付を上げていき1989年7月場所で十両に昇進する。

しかしその場所で風邪から急性腎炎となり途中休場。

そして更に尿毒症も患ってしまい一時は生命まで危険な状態となってしまいます。

もう相撲復帰は無理だろうと言われていましたが病状が回復し復帰します。

復帰したのは1990年9月場所で琴別府が休場してから1年以上経ってからのこと。

そこから番付を戻すまでがとても早く、これは滅多にできることではありません。

どれだけ大変なことかは琴別府が「新・地獄を見た男」と呼ばれたことから分かるのではないでしょうか?

引退は1997年11月場所後でした。

琴別府が患った急性腎炎とは?


溶連菌などの細菌によって扁桃(へんとう)炎や咽頭(いんとう)炎が起こり、のどの痛みや発熱がおさまってから1~2週間後に発症します。子どもや若い人に多く、急に発症し1~2カ月でほとんどの人が完全によくなります。
引用:メディカルiタウン

琴別府が患った急性腎炎は喉の痛みがあるような風邪をひいたときに罹ってしまうことがあるそうです。

発症することが多いのは子供のようですが大人でも発症します。

大人になって発症すると慢性化するとも言われいます。
そして慢性化してしまうと人工透析をするようになってしまう可能性もあります。

琴別府が患った尿毒症とは?


尿毒症とは、腎機能の低下により起こる臓器、組織、さらには細胞機能(はたらき)の障害と、体液異常により起こる症候群の総称です。
引用:メディカルiタウン

詳しく説明するととても難しくなってしまうので琴別府が患った尿毒症を簡単に言ってしまうと、体に溜まった排泄物が尿として排出できないない状態となることのようです。

尿毒症を治療しなと、とても危険で生命の危機となってしまうそうです。

琴別府の現在はラーメン店いっちゃんを経営


琴別府の現在はラーメン店の「ラーメンいっちゃん琴別府店」を経営しています。

もともとは相撲引退後にラーメンの修行をし千葉県でラーメン店「黒門ラーメン」を開きました。

ですが琴別府のお母さまが高齢になり経営していた豆腐店を継ごうとラーメン店を閉め大分県にある実家の豆腐店に弟子入りしました。

その後、琴別府のお姉さまのから提案で現在のラーメン店を経営することになります。

店名には他界した琴別府のお父様の愛称「いっちゃん」とお父様がとても可愛がられていたという「琴別府」をあわせ「ラーメンいっちゃん琴別府店」としたそうです。

琴別府が経営している「ラーメンいっちゃん琴別府店」は2013年7月にオープンしています。

琴別府は経営しているラーメン店で料理もしているそうで、琴別府が作ったラーメンが食べれるそうですよ。

そして特に人気のラーメンは大きなチャーシューが入ったもらしいです。





私もラーメンが大好きなのですが、見るからに美味しそうなラーメンです。

近くに行った際には是非立ち寄りたいと思います。

ですが琴別府の現在は腰や膝そして関節痛があるようなので、あまり無理しないようにラーメン店も営業時間を短くしたり、休みを増やすなど健康第一でいてほしいと思います。



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。